イベント無料掲載します!!

日本のへそ西脇夏まつり2023年花火完全ガイド!日程、穴場、駐車場を解説!

日本のへそ花火大会

日本のへそとは、東経135度、北緯35度という、まさに日本のど真ん中地点です。この特別な地点がある西脇市では、毎年「へその西脇・織物まつり」という名前で、地域の誇りとなるイベントが行われています。

すでに14年間にわたり実施されてきたこのイベントが、2023年には新たな装いで再び開催される予定です。過去2年間、コロナ禍の影響によって中断を余儀なくされましたが、2022年には「第1回日本のへそ西脇夏まつり」として、新たなスタートを切りました。

このまつりは、ステージや露店が並び、アットホームな雰囲気が特徴です。そして、イベントの締めくくりとして、迫力満点の花火大会が行われます。約2000発のスターマインは、迫力ある美しい花火が夜空を彩り、見る人々を魅了します。都心の花火大会では味わえないような、間近での花火体験は、特別な感動をもたらすことでしょう。

素敵な夏のひととき、ぜひご家族揃ってお出かけになって、特別な瞬間を共有しましょう。

↑全20箇所!兵庫県の花火大会一覧記事もよく読まれています↑

目次

日本のへそ西脇夏まつり2023花火大会の基本情報

nishiwakinatumaturi4
引用元:西脇市HP

日本のへそ西脇夏まつり2023は、兵庫県西脇市上比延町の日本へそ公園で開催される、年に一度のイベントです。その魅力的な内容と詳細をご紹介します。

イベントの日程・開催時間

花火大会名 第2回 日本のへそ西脇夏まつり
打上数約2000発
打ち上げ時間20:00〜20:30
例年の人手1万人
開催日2023年8月26日(土)
会場 兵庫県西脇市上比延町 日本へそ公園
屋台あり
問い合わせ0795-22-3111
公式サイト西脇市HP

イベントの主なアトラクションとプログラム

nihonnohesonishiwakinatsumatsuri_page-0001
引用元:西脇市HP

日本のへそ西脇夏まつり2023では、多彩なアトラクションとプログラムが楽しめます。以下がその一部です。

  • 午後3時〜6時:金魚すくい・シャボン玉とばし
  • 午後3時〜9時:露店・飲み物コーナー
  • 午後4時〜8時:銀河の広場ステージ
    • 双葉小学校児童による「よっちょれ」(踊り)
    • 比延小学校児童による「鼓笛隊演奏」
    • ダンスグループ「STEP」によるダンスパフォーマンス
    • 加杉野おどり
    • へそのミュージックフェスタ
    • 西脇東中学校生徒による吹奏楽
  • 午後7時25分〜:ゲストライブ
    • グループ「Chicken Garlic Steak」(チキン ガーリック ステーキ)
    • チキンガーリックステーキは、男性5人で構成されるアカペラグループ。日本初のアカペラグループとして平成2年に神戸で結成され、その歌声で多くの人々を魅了し続けています。数々のコンサートやイベントで活動し、全国的な人気を集めています。
  • 午後7時45分〜:ゲストパフォーマンス
    • グループ「EL SQUAD」(イーエルスクワッド)
    • イーエルスクワッドは、平成24年に誕生したストリートダンスグループ。彼らは光るワイヤー(ELワイヤー)を衣装に取り入れ、暗闇の中で繰り広げるパフォーマンスは、驚きと感動を提供します。YouTubeを通じて世界中に広がり、その独創的な演技は20か国でパフォーマンスを行い、多くのファンを魅了しています。

おすすめ穴場スポットと見どころ5選

日本のへそ西脇夏まつり2023において、最高の花火観賞スポットをご紹介します。これらの穴場スポットから、圧巻の花火を間近で楽しむことができるばかりか、特別な体験を積み重ねることができるでしょう。

1. 西脇市加古川河川敷

日本のへそ花火大会

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次